ダイバーシティ

誰もが個性を活かしながら仕事を通じて成長と充実を感じられる
「働きやすく、かつ働きがいのあるFFG」を目指します。

全ての従業員が仕事と家庭・育児を両立し持てる力を最大限に発揮しながらイキイキと仕事に取り組み、キャリアアップできる環境整備に取り組んでいます

ダイバーシティ(多様性)とは

従業員一人ひとりの違いを積極的に活かすこと。

多様で柔軟な会社を目指してグループ銀行毎にダイバーシティ推進の担当者を配置しています。

行員の「働きたい」気持ちをサポートするために

FFGでは、全ての従業員が能力を最大限に発揮できる環境を整えています。仕事でも家庭でもイキイキと輝き続けられるように、仕事と生活のバランスをとりながらキャリアを積み、さらに活躍することを応援しています。ここではFFGの具体的な取り組み・活動をご紹介します。

女性へのキャリアサポート

FFGでは行員の知識習得のサポートのため、様々な研修や勉強会、行内公募制度等を用意しています。
加えて、ライフイベントの影響を受けやすい女性をサポートするため、将来のキャリアビジョンを描く「キャリアアップ研修」や「中堅女性行員研修」等を行っています。

仕事と家庭・育児の両立支援

育児休業はもちろん他にも両立を支援する色々な制度があります。2016年4月からは、行員同士の夫婦が同じ地域で勤務できるようにする制度や、育児サービス利用料の一部を補助する制度も始めました。

仕事と家庭・育児の両立支援

パートナー帯同制度

行員同士の夫婦が同じ地域で勤務できるようにする制度です。共働きにおける心配事の一つでもある「転勤」。結婚しても仕事を続けたいという想い、女性のキャリアアップを応援しています。


<制度利用者の声>
「働き方の選択肢が広がりました。」
結婚時はお互いの勤務地が離れていたため、本制度を利用することで仕事を続けることができました。現在では共働きをやっていけるという感覚もつかめ、いつか子どもが生まれても両立したいと思っています。

復職支援プログラム

妊娠がわかった時から、産休中、育休中、職場に復帰した後まで、一貫してダイバーシティ推進室がサポートする制度です。面談や定期連絡を行ったり、復職前に勉強会を実施したりと、母親となった行員がスムーズに復職できるよう支援しています。育児休業取得者から多く寄せられる「職場復帰する際の不安」を拭うためにはじめたプログラムです。

<制度利用者の声>
「産休前の面談を受け、復職までのイメージを掴むことができました。」
「復職前に、休業中の業務変更について学べるので安心しました。」
「1年間のブランクや仕事と育児の両立等、不安ばかりでしたが、プログラムのおかげで、先輩方からアドバイスをいただき不安が和らぎました。」

ウーマン・サポート・プロジェクト ~ふわり~

ふわり

グループ3行の女性が集結する女性活躍推進チーム。さまざまな行員と意見交換を行いながら、「女性活躍の支援策」を考え、会社に提案をしてきました。現在は目的を「働きやすくかつ働き甲斐のあるFFG」の実現に拡大し、取り組みを展開しています。
『会社と従業員が一緒に考える』これがFFGのダイバーシティのスタイルです。

誕生!「メンズふわり」
「誰もが働き甲斐を感じられる職場」を実現するためには、男性の目線も必要です。そこで、定例会合および各種活動に、男性社員がオブザーバーとして参加する「メンズふわり」もスタートしました。

女性の管理職登用

FFGでは女性の管理職登用に力を入れています。
10名の管理職のうち1名が女性管理職、6名の役職者のうち1名が女性役職者という割合を目指しています。