地域とともに
目指す未来

地方創生金融を通じて地域社会の「みらい」を拓く

わたしたちが基盤とする九州の経済は、大きく拡がっていく可能性を秘めている一方で、日本の地域社会はいま、少子高齢化や、それに起因するマーケットの縮小などの構造的な変化に直面しています。これは九州も例外ではありません。長年にわたって蓄積してきた金融に関する知見とノウハウを駆使して構造的な諸問題に対応し、地域の発展に貢献すること。それが地域金融機関としての使命だと考えます。

ふくおかフィナンシャルグループは、グループ総合力を最大限に活かしながら最適なソリューションを提供することで「地方創生」を牽引し、人々の豊かな暮らしを実現していきます。そして、「地域経済発展への貢献」と「企業価値の向上」が相互に相乗効果を生み出す好循環サイクルを確立し、長期ビジョンである『持続的に高い競争力・成長力を実現する「ザ・ベスト リージョナルバンク」』を目指し、着実に歩を進めていきます。

新たなビジネスモデル時代の先を行く、新たなビジネスモデルへの挑戦

世界はめまぐるしく変化しています。わが国においても、グローバル化の進展、情報通信技術の発達など、社会の構造を変革するさまざまな動きが顕在化してきました。ふくおかフィナンシャルグループはこうした動きに迅速に対応するだけでなく、時代の変化を先取りし、未来の金融を支える新たなビジネスモデルの確立に、グループ一丸となって取り組んでいます。

従来の銀行の枠にとらわれないクリエイティブな発想と創造力こそ、ふくおかフィナンシャルグループが育んできた強みであり企業文化です。常に期待を超える地域金融グループであるために。わたしたちは未来を見据え、先の一手を打ち、自ら進化し続けます。

これからも地域とともに歩み、発展し、
持続的に高い競争力・成長力を実現する
「ザ・ベスト リージョナルバンク」を目指して、
挑戦を続けていきます。