グループCSR活動方針

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)は、グループ経営理念の実践ともいうべき事業活動そのものが『CSR』であると考え、地域金融機関に期待される地域社会の信用を維持するとともに金融の円滑を図り、地域経済の健全な発展に貢献する『社会の公器』(公共の機関)としての社会的責任はもとより、地域金融グループとしての役割・特性を活かして持続可能な社会を実現するため、最も貢献できる分野において、様々な変革と価値創造に寄与する活動を展開します。

CSRとグループ経営理念の関係 (FFGを取り巻く主なステークホルダー)

FFGのCSRの定義

FFGは、CSRを下記のとおり定めます。

全てのステークホルダーがFFGに抱く経済的、法的・倫理的、若しくは心情的な期待に対して、バランスのとれた意思決定を行い、様々な価値を提供することで、ステークホルダーの持続可能な成長を促進し、もってFFGの持続的な発展を実現していくこと。