生涯学習支援

生涯学習支援

FFGはすべての人々のライフサイクルに
応じたさまざまなシーンで、
金融知識の普及を通じた生涯学習を
支援しています。

取組み

金融教育支援

金融知識サポート

親和銀行では、長崎国際大学開催の公開講座「NIUキッズキャンパス」で教室を開催しました。
銀行の話や模擬紙幣を使った体験を通じて、保護者を含め約100名の参加者に、お金にまつわる学びを提供しました。

十八銀行では、第13回全国高校生金融経済クイズ選手権の長崎大会を主催し、行員24名が運営をサポートしました。県内11チーム22名の参加者に、金融経済の仕組みを楽しみながら学ぶことで、夢を実現し生活を守るための「金融知力」を培う機会を提供しました。

公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が提供する実技体験型の経済教育プログラム『スチューデント・カンパニー・プログラム)』に参加しています。学校の中に資本金1万円で株式会社を設立し、商品開発・生産・販売や株主総会での成果発表など、実際の運営に準じた活動を通じて会社の仕組みや経済の働きを学びます。また、課題分析や問題解決、自立的な判断・意思決定、他人と違う意見を述べるといったコミュニケーション能力の育成なども目的としており、当社グループ職員は指導役(社外取締役)として専門的知識を活かした意見・アドバイスを行っています。

次世代を担う子どもたちへ

「銀行の職場探検」プログラム

FFGグループ各社(銀行)の営業拠点がある地域の小・中学生を対象に、「働く」ことの意味合いや「金融の仕組み・銀行の役割」を銀行の職場見学・体験などの活きた現場から学ぶ機会を提供しています。

ジョブシャドウ

 高校生を対象に、社員1名に生徒1名が常時同行(シャドウイング)し社員の「働く姿」を目の当たりにすることで、「働くこと」の意義や将来設計について考える機会を提供しています。2019年度は、約80名の生徒を受け入れました。

※「ジョブシャドウ」は公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本(以下JA)の登録商標であり、JAが提供する体験型実技プログラムです。

インターンシップ

大学生・大学院生を対象に、FFGインターンシップを開催しています。「銀行業務とは?」から始まるさまざまな講義に加え、実際にお取引先や営業店を訪問し、よりリアルな銀行の役割や銀行員の姿を伝えています。

その他

  • 児童養護施設への活動

文化芸術・スポーツ活動

スポーツイベントでのボランティア

福岡・熊本・長崎各地のマラソン大会でオフィシャルスポンサーを務め、大会運営でも給水ボランティアを行うなどサポートをしています。
また、スポーツに触れ合うことはもちろん、地域の交流の場を提供するため銀行独自にテニス・野球・ラグビーなどの各種教室や大会を開催しています。

福岡マラソンでのボランティア
ラグビーフェスタ
テニス教室

その他

  • 文化・芸術・スポーツイベントへのご招待
  • ニューイヤーコンサート
  • ビルの谷間のコンサート
  • 地域貢献イベントの開催