CSRに対する考え方

FFGでは、ステークホルダーが抱くさまざまな期待に対し、誠実かつ真摯に向き合うことはもちろんのこと、FFGの事業活動を通してステークホルダーに価値創造を提供し、同時にFFG自身の持続可能な成長に資する相乗効果が得られるかどうかという視点に基づき、バランスのとれた意思決定を行っていくことが重要であると考えます。具体的には次の活動領域と活動層を組み合わせた総体(CSR CUBE)がFFGのCSRです。

この3つの活動領域と3つの活動層の組み合わせを最適化することにより、FFGとその従業員は、経営資源を効果的に活用して、良き企業市民・良き企業人としての責務を果たすとともに、社会の変革と新たな価値創造に資する志をもって、様々な事業活動を展開していきます。

CSRを捉える3つの活動領域(Activity Area)
~ 活動の体系化 ~

FFGが金融機関として取組むべきCSRとして、3つの領域での活動を推進しています。

銀行業務プロセスにおけるCSR

コーポレートガバナンス、法令遵守、各種リスク管理、情報開示といった企業経営の根幹となる態勢構築・整備をはじめ、従業員の雇用や自らの環境負荷軽減活動等といった、銀行業務の全プロセスに係る取組み

銀行の商品・サービスによるCSR

銀行のもつ金融機能を活用して、社会的に意義ある商品・サービスを開発・提供する取組み/金融ビジネス

本業以外の社会貢献によるCSR

本業とは直接的な関係は薄いが、経営資源を活用して、社会的課題に関与する取組み(ボランティア、芸術文化活動等含む)

これら『3つの活動領域(フレームワーク)』全体で、均衡のとれた活動を充実させていくことにより、ステークホルダーとFFGの双方が長期にわたって継続的に成長・発展する、相乗発展の関係を構築することを目指していきます。

CSRにおいてフォーカスする3つの活動層
(Activity Layer)~ 活動のテーマ ~

FFGで取組むCSR活動は、必然的にその時々の社会的課題や要請に対し、受動的に応えるのではなく、持続可能な活動として自発的かつ継続的に実施していくことが基本となります。

この活動の基本軸として、FFGでは、 『3つの活動層(Activity Layer)』を設定しています。これは、実際の活動を行う従業員一人ひとりが、より明確なビジョンと発意を持ち、具体的で厚み(層)のある取組みができるように、FFG自らが後ろ盾となってFFGの広域展開型地域金融グループとしての役割・特性を活かし最も貢献できる分野にフォーカスするものです。

Ⅰ.環境共生活動

地球に負の影響を及ぼす環境問題は、FFGが共生を図っていく『地域』にとっても看過できない重要課題です。 FFGは、自らの環境負荷の抑制・軽減に努めるとともに、『金融』が持つ役割・機能を介して、環境保全に資する商品・サービスを積極的にステークホルダーへ提供していきます。

Ⅱ.生涯学習支援

次世代を担う子供の豊かな感受性、人間性の形成は勿論のこと、すべての人々のライフサイクルに応じた様々なシーンで、金融知識の普及を通じた生涯学習を支援していきます。 また、企業市民としての『法人』を対象とした各種啓蒙活動にも取組みます。

Ⅲ.ユニバーサルアクション

店舗チャネルなどのハード面や、商品・サービスなどのソフト面、従業員一人ひとりの応対といったヒューマン面において、高齢者、障がい者、子供、女性などに特定しない『みんなに優しい』をキーワードにした、デザイン、機能、サービスを充実させるアクションを展開します。

3つの活動領域と3つの活動層の最適な組み合わせ=バランスのとれたCSR経営を展開することで、社会の変革と新たな価値創造に挑戦していきます。