サステナビリティ方針

ふくおかフィナンシャルグループは、 地域の持続的な発展に向け、グループ経営理念に基づく事業活動を通じて、地域が抱える社会課題、環境課題の解決に取り組んでいます。
ふくおかフィナンシャルグループのこのような事業活動の取り組みは、世界的に関心が高まっている、国連で採択されたSDGs※(持続可能な開発目標)と考え方を同じくするものであり、SDGsに対する基本的な方針として「サステナビリティ方針」を制定し、事業活動との一体性を高めることで、持続可能な地域社会の実現(サステナビリティ)を目指しています。

サステナビリティ方針

ふくおかフィナンシャルグループは、
グループ経営理念に基づく事業活動への取り組みを通じて、
「地域経済発展への貢献」と「FFG企業価値の向上」の
好循環サイクルを創出し、
持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります

サステナビリティ推進体制

ふくおかフィナンシャルグループでは、持続可能な地域社会の実現に貢献していくため、全社横断でSDGsを推進する体制を構築しています。

SDGsとは

SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な開発目標」を表します。2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた国際目標です。2030年までに「誰ひとり取り残さない」社会を実現することを目指しており、下記の17の目標(ゴール)と、更に細分化された169のターゲットから構成されています。

SDGs