難病を持つ子どもたちに、SDGsの17項目の一部をデザインして頂きました。

FFGは、 地域の持続的な発展に向け、グループ経営理念に基づく事業活動を通じて、地域が抱える社会課題、環境課題の解決に取り組んでいます。
FFGのこのような事業活動の取り組みは、世界的に関心が高まっている、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)と考え方を同じくするものであり、SDGsに対する基本的な方針として「サステナ ビリティ方針」を制定し、事業活動との一体性を高めることで、持続可能な地域社会の実現(サステナビリティ)を目指しています。

サステナブルスケールでは、国連「新国富報告書」代表の馬奈木俊介氏を取締役としてお迎えし、地域社会・企業のSDGsに対する取り組みを評価し定量的な見える化を行います。
「サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)」を実行するためのアドバイス・ノウハウ・資金調達を、「ふくおかフィナンシャルグループ」「九州大学」を軸とし、様々な分野の知見を有する専門家の方々とも連携し支援いたします。

Profile 福岡県出身
福岡県立修猷館高等学校卒
九州大学工学部飛び級中退
九州大学大学院工学研究科修士卒
米国ロードアイランド大学大学院博士卒。Ph.D(経済学)
米国サウスカロライナ州立大学ビジネススクール講師
東京農工大学共生科学技術研究部助教授
横浜国立大学経営学部准教授
東北大学環境科学研究科准教授
慶應義塾大学特別招聘助教授
東京大学客員教授などを歴任
2015年より九州大学大学院工学研究院都市システム工学講座教授
国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」代表執筆者
国連「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)統括代表執筆者
UNESCO ISEE 統括代表執筆者
OECD(経済協力開発機構 貿易・環境部会)副議長
2018年・世界環境資源経済学会共同議長
経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー
機械振興協会経済研究所アカデミックアドバイザー
ドイツ・The Helmholtz Alliance ENERGY-TRANS特別教授
英国・リーズ大学チェーニー上級フェロー
豪州QUT客員教授
仏・ISEGマネジメントスクール客員教授

Profile 福岡県出身
福岡県立修猷館高等学校卒
九州大学工学部飛び級中退
九州大学大学院工学研究科修士卒
米国ロードアイランド大学大学院博士卒。Ph.D(経済学)
米国サウスカロライナ州立大学ビジネススクール講師
東京農工大学共生科学技術研究部助教授
横浜国立大学経営学部准教授
東北大学環境科学研究科准教授
慶應義塾大学特別招聘助教授
東京大学客員教授などを歴任
2015年より九州大学大学院工学研究院都市システム工学講座教授
国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」代表執筆者
国連「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)統括代表執筆者
UNESCO ISEE 統括代表執筆者
OECD(経済協力開発機構 貿易・環境部会)副議長
2018年・世界環境資源経済学会共同議長
経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー
機械振興協会経済研究所アカデミックアドバイザー
ドイツ・The Helmholtz Alliance ENERGY-TRANS特別教授
英国・リーズ大学チェーニー上級フェロー
豪州QUT客員教授
仏・ISEGマネジメントスクール客員教授

ニュース・更新情報

商号 株式会社サステナブルスケール
所在地 福岡市中央区天神2丁目13-1
代表者名 藤善 匡
事業内容 SDGsの普及、評価・分析、コンサルティング
設立年月日 2021年4月1日
資本金 3億円
ページトップへ