賛同するイニシアティブ・SDGs重点項目

ふくおかフィナンシャルグループでは、イニシアティブや外部評価も参考に、実効的な気候変動への取り組みを推進していきます。

賛同するイニシアティブ

CDP

CDP
気候変動質問書2021 FFGのCDPスコアB

ふくおかフィナンシャルグループでは2020年度からCDP気候変動質問書への回答を開始しました。2021年度のスコアリング結果は「B」でした。
※CDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)は英国を本拠地とし、企業・都市の環境情報開示に取り組む国際NGOであり、世界の主要企業に気候変動等に関する質問書を送付し、収集した回答を分析・評価した結果を機関投資家に提供する活動を行っています。

TCFD

TCFD
 

ふくおかフィナンシャルグループでは気候変動への対応を経営戦略上の重要な要素と位置付けるとともに、ステークホルダーの皆さまに分かりやすく、かつ有用な情報を提供することを目的として、2020年8月にTCFD提言への賛同を表明しました。同提言に沿った情報開示を行っています。
* TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)

「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」

 

ふくおかフィナンシャルグループは、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」(以下、金融行動原則)へ署名し、環境問題等の解決に向けた社会的責任を果たすための取組みを実践しています。
(参考)
金融行動原則は、環境省の諮問機関である中央環境審議会の提言に基づき、幅広い金融機関で構成された「日本版環境金融行動原則起草委員会」により、金融機関が持続可能な社会の形成のために必要な責任と役割を果たすための行動指針として策定されたものです。

SDGs重点項目

ふくおかフィナンシャルグループは、事業領域とSDGsの領域との親和性の高さや、ステークホルダーからの意見などを踏まえ、優先的に取組むSDGsの重点項目を設定しています。
今後も、地域金融グループとしての役割や特性を活かして、地域の社会課題や環境課題の解決に資する取り組みを推進し、持続可能な地域社会の実現を目指していくとともに、SDGs達成に貢献してまいります。


&インクルージョン


&インクルージョン

重点項目・対応するSDGs目標 主な取組み
1.地域経済の健全な成長
  • 地方創生への取り組み(サステナブルスケール社等)
  • 事業性評価の取り組み
  • PPP/PFIへの取り組み
  • 地域再生・活性化ネットワーク ほか
2.産業発展と
金融イノベーション
  • オープンイノベーションへの取り組み(EASYBIZ等)
  • 産業調査と事業機会創出の取り組み
  • iBank事業
  • みんなの銀行 ほか
3.少子高齢化への対応
  • 事業承継支援
  • 長期的な資産形成(投信のパレット)
  • 高齢者向けの金融サービス拡充  ほか
4.環境への配慮
5.豊かな地域社会の実現
6.ダイバーシティ
・エクイティ
&インクルージョン
7.ガバナンス強化
  • コーポレートガバナンス体制強化
  • リスク管理への取り組み
  • リスクアペタイト・フレームワーク
  • コンプライアンスへの取り組み ほか

SDGsとは

SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な開発目標」を表します。2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた国際目標です。2030年までに「誰ひとり取り残さない」社会を実現することを目指しており、下記の17の目標(ゴール)と、更に細分化された169のターゲットから構成されています。

SDGs