FFGについて

FFG

FFGについて

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)は、九州全域にネットワークを構築する広域展開型の地域金融グループです。
2007年4月に、福岡銀行と熊本銀行の2行でスタートし、同年10月には長崎に拠点を置く親和銀行、2019年には十八銀行がグループに加わりました。2020年10月に親和銀行、十八銀行が合併し、十八親和銀行が誕生しました。現在、九州を地盤とする3つの地方銀行を中心に証券会社、カード会社、コンサルティング会社などをグループ傘下に持ち、地域金融機関としては日本で最大規模を誇ります。

九州全体での地域経済発展への貢献 地域とともに持続的な成長を実現

KEY WORD

  • 総資産 地銀NO.1
  • 個人預金残高 地銀NO.1
  • メインバンク数 地銀NO.1
  • 法人取引先数 22万先以上
  • FP1級 保有者数 420人
  • イノベーション創出の新会社 2019年 5社
※2019年9月末

FFGグループビジョン

ふくおかフィナンシャルグループが地域に果たす役割、目指す姿について掲載しています。

まだ見ぬ明日へ、もっと新しい銀行へ。

新しい価値観や創造力をもった「あなた」の応募をお待ちしています。