ふくおかフィナンシャルグループについて

Q ふくおかフィナンシャルグループとはどのようなグループですか?

「ふくおかフィナンシャルグループ」は、銀行を子会社とする持株会社として認可を受け、 2007年4月に設立された金融持株会社です。グループには、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行、十八銀行の地方銀行4行のほか、子会社19社を傘下にもちます。詳しくは、会社概要およびグループビジョンをご覧ください。

Q グループ傘下にはどのような会社があるのでしょうか。

グループ会社につきましては、グループ企業一覧をご覧ください。

Q 持株会社形態のメリットとはどのようなものですか。

ふくおかフィナンシャルグループでは、持株会社形態によるグループ一体の経営管理手法を採用することにより、グループ各社がこれまでに培ってきたブランド力を活かしながら、リスク管理、内部監査、及び業務運営体制の共通化と高度化を進め、グループ全体の経営効率化を図る「シングルプラットフォーム・マルチブランド」という独自の経営手法を採用しています。詳しくは、グループ経営体制のページをご覧ください。

Q 経営戦略について教えてください。

ふくおかフィナンシャルグループの経営戦略につきましては、経営戦略およびグループビジョンをご覧ください。

Q コーポレートガバナンスに対する考え方について教えてください。

ふくおかフィナンシャルグループは、リスク管理及び内部管理に関する経営機構・業務機構体制の充実・強化、情報開示活動の積極的な取組み等を通じて、実効性の高いコーポレートガバナンス体制の構築に努めています。コーポレートガバナンスに関する考え方や体制につきましては、コーポレートガバナンスのページをご覧ください。

Q グループ各社の格付を教えてください。

ふくおかフィナンシャルグループ各社の格付につきましては、格付情報をご覧ください。